--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

本田美奈子.を応援しています。



本田美奈子 AVE MARIA

昨日テレビ東京系列で放送された「たけしの誰でもピカソ」。本田美奈子.にエールを贈るという特集が放送されました。まつゆうは無類のアイドル好きなのですが、中でも本田美奈子の大ファンであります。そんな彼女が今年に入り「白血病」で闘病生活に入りました。

彼女の歌に対する情熱と気力で退院も間近だということです。早く彼女の歌声を聞きたい。そんな願いを込めてまつゆうの思い入れの強い本田美奈子に関するエントリー。・・・今回もパチンコ・パチスロ関連じゃなくてすみません。



クリックするだけで寄付することができます。是非ご協力ください。













本田美奈子のデビューは1985年。同期のアイドルには今もトップスタートして活躍する中山美穂、女優として活躍する南野陽子、ハリウッドに舞台を移して活躍する国際派スター工藤夕貴(映画デビューは'84年)、八重歯が印象的だった芳本美代子、ナンノと同じくドラマスケバン刑事でブレイクした浅香唯、ガンダムの主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビューし、後にバラドルの先駆けとなった森口博子、社会現象にまで発展し、パチンコのタイアップも決定したおニャン子クラブなど実は「花の82年組」と言われた1982年に負けず劣らずの逸材揃い。

本田美奈子が親しくしているのが南野陽子というのは有名な話。誰でもピカソでもゲストとして出演していました。工藤夕貴とは親戚の関係になります。(本田美奈子の本名は工藤美奈子) 舞台「クラウディア」が決定していた本田美奈子ですが、闘病のため降板。その代役が「工藤夕貴」だったのもなにかの縁のような気がします。

本田美奈子とまつゆうの出会いは'80年代に出版されていた明星というアイドル雑誌。明星の付録だった「ヤンソン」という歌詞を載せた歌本に新人のデビュー曲が紹介されていたのですが、そこに彼女のデビュー曲「殺意のバカンス」('85)が掲載されていました。その後ラジオで聴いた「殺意のバカンス」の衝撃は今でも忘れることはできません。新人とは思えない歌唱力、しかもマイナー系で他のアイドルとは明らかに路線が違っていたからです。

この年、数々の賞レースで受賞。本田美奈子の一人勝ち状態でした。アイドル歌手にとっての賞レースの最高峰と言えば年末の「レコード大賞」。もちろん彼女もエントリーされたのですが、実際に受賞したのは「中山美穂」でした。中山美穂は他の賞レースを辞退したにも関わらずレコ大のみエントリー。(レコ大放送のTBSで中山美穂出演の「毎度おさわがせします」が放送されたため?) この結果、本田美奈子はかなり荒れたという噂が流れたりしました。俗に言う「アイドル'85年戦争」(嘘)。

翌'86年、彼女の人気を不動にしたヒット曲「1986年のマリリン」が発表されます。この曲は秋元康と筒美京平による作品。ヘソ出しルックと腰をガクガクさせながら踊る姿は日本中が騒然w 和製マドンナと揶揄されることもありましたが、一説には和製山本リンダとも (そもそもリンダ自体が和製だしw) 。変にセクシーを意識した路線はラッタッタの歌詞が強烈な「HELP」、HM/HRのスター「ゲイリー ムーア」による楽曲「the cross 愛の十字架」、ブライアン メイプロデュースの「CRAZY NIGHTS」ではUKデビュー(UKではB面の「GOLDEN DAYS」がA面扱い)とデビュー2年目のアイドルとは思えない路線で勝負をかけますが、彼女の思惑とは裏腹に人気は徐々に下降線をたどりはじめます。

本人主演の映画「パッセンジャー」('87)を挟んで翌'88年には「MINAKO with WILDCATS」を結成し、忌野清志郎作曲の「あなたと熱帯」でバンドとしてデビュー。この当時はアイドルからロックへの転身というのが脱アイドルとして流行していました。菊池桃子が「RAMU」(愛は心の仕事です)を結成したのもこの時期でした。が、成功した例はほとんどなく、唯一成功したのは「パールモンドキッス」でアイドルデビューしていた渡瀬マキが結成した「リンドバーグ」くらいでしょうか。

結局WILDCATSとしての活動は約1年ほどと案の定短い期間で終了してしまいました。すでにデビュー当時からのファンはこの時期にはすでに彼女から離れてしまっていたように思います。それでも彼女の復活を期待してまつゆうは応援していました。ほどなくして再びソロとしてシングルをリリースするという情報があり、期待して買った新曲「7th Bird 愛に恋」。アイドルが結構好きな友人がいるのですが、その彼が「本田美奈子の曲で売れなかった変な曲あるよね?」というので「7th Birdじゃない?」というと「そうそう、それっ!」と言われた曲・・・。

セールスも芳しくなく再び1年ほどのブランク。そしてリリースされたシングル「SHANGRI-LA」(≠ 電グル) では黒人バックダンサーを従えてカクカク踊る美奈子嬢にさすがのまつゆうも愕然。この後彼女はしばらく潜伏期間へと突入します。

再び姿を現したのは舞台「ミス サイゴン」。ボイストレーニング、演技のレッスンなどで1年を費やし、その期間は他のスケジュールは全てキャンセル。その甲斐あって「ミス サイゴン」ロングラン公演。舞台中に足を骨折するという悲劇に見舞われながらも彼女の舞台へ賭ける情熱でわずか1ヶ月で復活。彼女の評価も高くなり舞台女優としての認知度は高くなりました。

反面、CDのリリースは停滞してしまい、歌手としての「本田美奈子」を応援しているファンには長くそして不安な時期でもありました。前作から4年の期間を経てリリースされたアルバム「JUNCTION」はミュージカルを経験し得たものが凝縮された佳作で待ちわびたファンを納得させる仕上がり。翌年の「晴れ ときどき くもり」ではBOOMの宮沢和史プロデュースによる楽曲が3曲収録されそれまでにない世界観を構築し、歌い手としての期待を感じさせてくれました。が、現段階でのポップスとしてのアルバムはこれが最後となっています。

⇒ 宮沢和史氏による本田美奈子へ提供した楽曲に関してのインタビュー記事 http://www.five-d.co.jp/miyazawa/spiritek/05/

そして再び本田美奈子は沈黙します。シングルのリリースは不定期に行っていたものの、アルバムのリリースアナウンスはありません。待つこと8年、意外な展開でした。「クラシカル クロスオーバー」でのアルバムを製作しているというものでした。不安と期待が入り混じって手にした8年ぶりのアルバム「AVE MARIA」は期待以上の仕上がりでまつゆうのヘビーローテーションCDとなりました。クラシックを本格的に聴く方には否定的な意見も見受けられますが、あくまで「クラシック風」なので、クラシックを身近に感じることができるというコンセプトの流れからすれば十分に意義があるCDだと思います。わかりやすく例えるならば「サラ ブライトマン」に非常に近いスタンスだと思います。中でも「タイム トゥ セイ グッドバイ」、「ジュピター」(平原さんより早くに発表。歌詞違い)、「AVE MARIA」は至極の出来。

クラシカル・クロスオーバー第2弾「時」を昨年11月にリリース。前作に比べると選曲、インパクトに欠けてしまいましたが透明感のあるボーカルは健在。そして今年はデビュー20周年ということでオリジナルアルバムの製作が決定していたようですが、闘病のため製作延期となっています。一日でも早い復活を期待しています。まつゆうはこれからも本田美奈子を応援していきたいと思います。

スポンサーサイト


00:31 | 管理人のプライベート | comments (8) | trackbacks (6) | page top↑
[BLOG] Oh!YAJI-Shot 休止 | top | 新しい検索エンジンの話し - MARSFLAG

Comments

# 残念
とても、残念です。
彼女の死は私にとってあまりにも大きすぎる出来事でした。
by: pooh | 2005/11/07 12:06 | URL [編集] | page top↑
#
■ poohさん

コメントありがとうございます。

> 彼女の死は私にとってあまりにも大きすぎる出来事でした。

私も同じです。あまりにも唐突すぎて今でも信じられません。残念で悔しくてたまりません。
by: まつゆう | 2005/11/07 17:46 | URL [編集] | page top↑
# 親戚?
こんにちは。本田さんの死には本当にショックを受けています。お冥福をお祈りいたします。ところで、本田美奈子さん、工藤夕貴さんは親戚ではないと工藤さんがコメントしてますが・・・。親戚だと皆さんが断言してるのはなぜなのでしょう??私も親戚だと思ってた一人です。
by: ミー子 | 2005/11/11 01:31 | URL [編集] | page top↑
# 真相は闇の中
■ ミー子さん

コメントありがとうございました m(_ _)m

工藤夕貴と本田美奈子の従姉妹説は様々な憶測が飛び交ってますね。今回の工藤夕貴の発言は自分から敢えて発言してるようにも見受けられます。彼女の家庭にはいろいろ事情がありますし……。

実際のところは親戚かどうかは「わからない」と思います。が、多分親戚w

by: まつゆう | 2005/11/15 22:54 | URL [編集] | page top↑
# いとこ
工藤夕貴と本田美奈子は従姉妹ですよ。
工藤の父親、井沢八郎の妹が本田の母親。
これに関してはデビュー当時も話題になり、井沢が淫行事件を起こした際にも触れている雑誌があった。
が、現在工藤夕貴はその件で井沢とは絶縁関係にあり、母親(離婚)と共に静岡県富士市のほうに住んでいる。(工藤は現在そこで2度目の結婚生活)
その件に関しては芸能界的には触れてはいけない事になっているらしく、その父親経由で従姉妹となっている本田との関係は「従姉妹」と言ってはいけないとなっている。
http://tisen.jp/pukiwiki/index.php?%B9%A9%C6%A3%CD%BC%B5%AE
ここでもちゃんと従姉妹となっています。
by: 事情通 | 2006/11/23 20:28 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2008/05/15 06:33 | URL [編集] | page top↑
# こらっ!
嘘言ってんじゃないよ雑誌に書いてることをそのまま信じてるの?ウキーペデイアに書いてるのも投稿者本人の思い込みや自分よりの考えで、書いてあるのも知らんのか?本人は互いに否定したぞ!ただそう言った噂が出たことで、意識をしてお互いがより仲良くなったのは事実!どうしても今までの歌手とは、違ったので何かしら比べわれる。本田美奈子はデビュー当時から大人に、なっていく間に色んなことを吸収して誰も追い付けない歌手になりそして伝説になった。本で宣言したことを実現した素敵な歌手と、慈愛に満ちた人柄に共感する人は沢山いるぞ!
by: 名無しのギャンブラー | 2008/09/02 02:29 | URL [編集] | page top↑
# Forex 銜 0,01 謗鰰, 銜 0,1 粮諡瑁? 髀鞳 銜 2- 闢迥鴈?
?繖諤窶 退 轢齬蓿? 艢鞐痼鴿矗鴾 轢 蓁鱚齏纈 鴈鞦瑪 夥鞳襃.
?琲鱶褌矗鴾? 跪肭 轢 粤跪 蓚 迺鈞 髣纈瑪, 碌 轢站?粱 闔袱艢邇 韆體迥瑪.
槽髀諤鴉 褌迥齔髮. Forex 髣纈 譫癪? USD, RUB, EURO, 銜 0,01 謗鰰 銜 0,1 粮諡瑁? 俥芫蔟逶 闔鴈褌碼 邇碆髓? ?? 關釿鞐跛? 歴謌? 閠頏辣韵袱? 關釿鞐跛? 俸繖蓿鈞琿蒹 鴃繪粤韲? 剋舮珸 驍鉗 闔髓?迯 闔鴈 粤辣? 菩跫琿? 俶迥鉐 - 銜謌 齣謗礦? 粳? 鴃繪粫辜? www.rinkost.ru/partner/fordoc
by: rinkostfx | 2008/10/13 11:15 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。